2006年07月18日

井上慎也写真展

3azarasikun.jpg

井上慎也さんの写真集
『うみま〜る - 水の惑星の仲間たち』より




何でも覗いてみるもんだなぁ〜(笑)な
”KEN'S BLOG ” http://blog.goo.ne.jp/ken1ken2/
『井上慎也写真展』の紹介を見つけたんですけど
それが 魚が笑ってる写真だったり
なんだこれ☆"な 写真なんですよ。

これはおもしろい♪
と、お嬢を連れて
昨日、ざんざん降りの雨の中
銀座まで行ってきました。




行ってみると 西銀座デパートとかって並びの
銀座5(ファイブ)の2階 富士フィルムの展示場で
そんなに広い所でもなく
くるっと見ておしまいかも・・な 第一印象だったのですが
展示写真を見てしまったら どっぷり海の世界に浸ってしまって
写真集を見たり ビデオを観たり
気づくとかなりの時間を そこで過ごしてしまっていました。


この地球上に 命あるもの
当然のことながらその全てが 貴重な存在に違いないのだけれど
人間以外の存在を ちゃんと意識して生活しているかというと
そうではなく・・ 少なくとも 恥ずかしながら私は。

『人』 中心に、何かにつけ 意識が働いているから
魚やアザラシやペンギンや ありとあらゆる海の生き物たちの見せる
ひょうきんな仕草、思いがけない表情、じゃれあう姿
まるで人と変わりない様子を見て びっくりしてしまうんですよね。

私達が知らないだけで 確かに彼らは彼らの生活があって
毎日を過ごしているんだ
そんな当たり前なのに 普段全く考えも及ばないことに
気づかされる そんな写真の数々でした。

生きているのは・・ 地球上で暮らしているのは
人間ばかりじゃないんですよね。
自分のことばっかり 考えてちゃいけませんね。

と、その時思っても すぐにケロッと忘れちゃうのが
私の悪いところなので 忘れないように
姿の違う地球の仲間の写真集を しっかり購入してしまいました。

で、嬉しいことに 井上慎也さんが
その場でサインを入れてくれたんですよ。
モチーフが 何種類か用意されていて
好きなイラストを言えば それを描いてもらえるんです。

下書きもせずに いきなりサインペンで
ぎぎぎ・・と 丁寧に描き進めていくんですけど
みるみるうちにウミガメくんの出来上がり。

3umigamekun.jpg

最後にニコッと笑った優しい目が 印象的な方でした。
人柄が伝わってくる写真の数々。そしてサイン。
美しい地球を そして言葉を発することの出来ない命を
守っていく 小さな何かが私にも 出来たらいいな
そんなことを思いました。


富士フォトサロンでの展示は7月20日(木)まで
10:00〜18:00
最終日は14:00までのようです。

写真集はホント、お勧めです☆"
機会があったら 是非手に取ってご覧ください。
posted by うさこ at 15:40| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。