2005年06月30日

名前

35tr630.jpg

名前をずっと 呼んでいたら
想いが通じる 気がしてた
あの頃

いくら呼んでも
無駄だってことに 気づいた
あの日

それから
口にすることさえ 出来なくなって
それでも
心の中で呼び続けてた

君の名前



posted by うさこ at 23:59| Comment(10) | TrackBack(0) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

念願の同窓会!

2wz629.jpg

同窓会、地元(九州)では 内輪だけで 集まっているのかも知れないけれど
関東に来てしまっているから 一度も中学とか 高校の同窓会っていうのに
出席したことが ありませんでした。
もっとも、同窓会って すごい年とってから 集まるもんだって
誰かに 聞いたことがあるんだけど ついにその時が来た〜☆
・・ってことは すごい年とったってことでもあるぅ?(笑)

とりあえず、ちゃんとしたことはまだ 何も決まっていないのだけど
他県にいる人達の 連絡先を調べているもよう。
同じく関東に住む 中学時代からの親友が(勝手に思い込んでいる・笑)
電話で知らせてくれました。

ひと学年 まるまる全部で 集まるらしい。
みんながみんな 都合よく集まれる訳じゃないだろうけど
かなり大規模^^ 

中学を卒業して みんなそれぞれに どんな人生歩んできたんだろう
私にもいろいろあったように
みんなにも それぞれ いろ〜んなことがあったんだろな・・

ひとつ上の 先輩なんですけど ”ちなみさん”って 恐ろしく綺麗な人がいたんですよね。
ちなみさんには ”カッパさん”っていって 背は高いんだけど
綺麗な人とは ちょっとアンバランスな(?) カワイイ感じの彼氏がいて。
中学時代、有名な カップルだったんだけど
いつ別れてしまったのか ちなみさんは結婚して東京へ

これまた随分 昔の話に なるんだけれど
その後 ちなみさんは 離婚して 実家に戻ってきたそうで
ど〜してあんな綺麗な人が 離婚しちゃうんだろうね??って
まだ若くって な〜んにもわかっていない頃。
綺麗でも 何でも 人生いろいろあるのにね・・;

感動の結末は 傷心で戻ってきたちなみさんを
しっかり支えたのが 中学時代の『ちなみさんには かっぱさん』の
かっぱさん。 で、めでたくお二人は 結ばれたそうです。
中学時代の二人を よく知っていただけに 感動もひとしお。
かっぱさん、良かったね〜〜;; だったのだけど
その後、仲良く暮らしているのかな・・

そんなこんなの中学時代。 あ、ちょっと話ズレちゃったかな・・
中学っていったら まずその二人が 浮かんでしまう;
で、同窓会は お盆?と思ったら、お正月らしい。
ちょっと先の話だけれど ワクワク・ドキドキ♪

財津さ〜ん、細坪さ〜ん、小田さ〜ん♪っていってた
”カワユイ少女時代”の みんなは 空白のOO年、
どんな時を過ごして どんな大人になっているのかな^^

posted by うさこ at 18:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

ミュージック・バトン♪

IMG_3777.JPG


☆ 虹色の涙 ☆ http://7colors.livedoor.biz/ の
ぜんちゃんから ミュージック・バトンがまわってきました。
ミュージック・バトンとは何ぞや??
解説は、ぜんちゃんちのものを コピーさせて頂きました^^


【 ミュージック・バトン とは 】
アメリカ発のブログ企画で、それを渡された人が
音楽に関する質問に答える形で記事を書き、
別の5人に繋いでいく、というもの。

質問は次の5個。
 @コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
 A今聞いている曲
 B最後に買ったCD
 Cよく聞く、または特別な思い入れのある5曲
 Dバトンを5名に渡す

****************************

ということらしいので、さっそく質問に答えていきたいと思います♪ 
歌詞がいいなぁ〜と思って聴いていたりするので
”抜粋”ですが 歌詞もちょこっと載せてみました^^
では、いってみよっ!


続きを読む
posted by うさこ at 14:02| Comment(13) | TrackBack(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

IMG_5508.JPG

京都に住む叔父から『引越しました』の葉書が届いたのですが
あれ?? 表書きの住所と 裏に書いてある住所の
マンションの号数が違う・・。

表には 105号室、裏には501号室。
もしかしたら 出した方の叔父も 全く気づいていないかも知れない。
いつも 年賀状だけで すっかりご無沙汰してしまっていたので
これもいい機会かも知れない・・と、電話をかけて 確認してみることにしました。

子供の頃から こわ〜い父が苦手でした。 父方の親戚も かなり苦手で(笑)
そんな中、この叔父さんだけは
京都に住んでいたせいか 話し方も 優しいし
箸にも棒にも 引っ掛からないような 特に可愛げもない 私にも
唯一 優しい存在、だったような気がします。

この人が お父さんだったらなぁ・・なぁんて事を思ったりもする位
叔父が たまに京都から 祖父の所へ
里帰りして来るのを 楽しみにしていたものです。

声を聞くのも もう15年ぶり位。
自分の名前を名乗ったところで すぐにわかってくれるのかな・・
と、微妙に不安だったのですが
すぐにわかってくれました; ホッ・・;

15年ぶりといっても、本当の所、可愛がってもらっていたのは 小学生の頃で
それ以降は 中学の修学旅行で 京都へ行った時と
最後は 祖母が他界して 親戚一同が揃った15年前の たったその程度。

けれど、不思議ですね。 声って覚えてるものなんですね。 もう、そのまま。
小学生の頃に聞いていた 懐かしい叔父ちゃん、そのまま。
父よりだいぶ年下だけど それでも 年はとってしまっているはず。
けれども、何故だか昔のままで・・。

声を聞いて 話が出来るって やっぱりいいですね。
文字でのやりとりは、普段 なかなか口に 出せないことも
言葉に出来る場合もあるから それはそれでいいんだけれど

やっぱり 文字だけでは伝わらない
その人の住む街の アクセントだったり
その人の話す時の 癖だったり
文字だけでは伝わらない 柔らかで あったかい感じ

相手を直に 感じることが出来る 声っていいな・・
そんなことを 改めて感じてしまいました。
何 話す訳でもないけれど 声を聞くだけで
ホッとすることって ありますよね。

posted by うさこ at 00:25| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

グラスの中の水

2zeraniumu622.jpg


暑くなってきたね
綺麗な花を 挿す為に
透んだ水 入れておいても
放っておくと 濁ってきちゃう

透き通った 気持ちのまんま
綺麗な心で ずっとそばにいたいけど
グラスの中の 水とおんなじ
知らない間に 濁ってる

気づいたら 黙って自分で
変えるように してるけど
それでも たまに
気づけないときも あるから

そのときは
綺麗なお水、ちょうだいね



posted by うさこ at 00:16| Comment(8) | TrackBack(1) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

美味しいご飯の方がいい(2本立て^^)

1ittetu.jpg

『こ〜んなメシ まずくて食えるか〜〜っ!!』

って、言ったと思う。絶対。(笑)
昼間はドライフード。 夜だけ缶詰とかレトルトの
美味しいご飯にありつける Milkくんなのですが
昨日は 昼間のドライフードが残ったまんま。

PM6:00 そろそろ夜ご飯が もらえる時間なのに
美味しいご飯が出てこない。
ウニャウニャ言いながら 器を手でカタカタ持ち上げ(?)ようとしている。
殆ど 食べていないから 食欲がないんだと思っていたら
いきなり ガタガタッ トレーから飛び出す勢いで
器をひっくり返して ドライフードはバラバラッと散乱。

で、どっかり座り込んで
「こんなんなる前に 時間になったら 美味いメシ食わせろや。」
って顔で ご飯係のお嬢を見上げているところ。 だと思う、絶対(笑)

缶詰あげたら バクバクガツガツ食べるんだもんーー;
続きを読む
posted by うさこ at 16:02| Comment(7) | TrackBack(0) | 食べ物のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

絵の部屋のこと

2teapot.jpg


絵、紙に描く練習を するようになって
PC画のページ・絵の部屋の 更新がプッツリと途絶えて
そのままの状態が 続いていたんですよね。

さすがに もう誰も 覗いたりしていないだろうな・・とは思っていたのだけど
おととい なぁ〜んだか 久しぶりに飛んでみたら
コメントを つけてくれている方がいたっ!
焦って 日付を見てみたら 当日だったのでホッ・・;
こういうのを 虫の知らせというんでしょうか(笑)

偶然にでも こうして 見つけて下さる方も まだいるんだな・・
と ちょっと放ったらかしを 反省しつつ
アクセスを見てみると
・・・検索で偶然でなく この*月のうさぎ* からでもなく
絵の部屋 自体のブックマークで 来てくれている方が
まだまだ しっかりいた・・;;  前の日もその前の日も 延々・・

私が描いた絵でも 次、何 描いたかなって
見に来てくれている方も いるんだな・・
って。せっかく覗いてくれたのに 更新ないから
延々、おんなじ絵ばっかりで申し訳なかったなぁって
反省猿になってしまいました。

で、このままつまんない状態にしておくよりは
紙に描いた 練習の絵でも アップした方がまだましかな・・
と、思案中。  つまんないし 雰囲気変わっちゃって がっかりかなとも思うけど
試しにやってみよっと。


そうそう。 コメント入れて下さったのは
詩の紹介を してくれているサイトさんで
いろんな方の 素敵な詩と その作者さんの サイトの紹介もしてくれているので
文章好きな方の 交流の場としても 是非是非 遊びに行ってみて下さいネ。

☆虹色の涙☆  http://7colors.livedoor.biz/

* 管理人さんの ぜんちゃんの詩や短歌も しっかり楽しめます *


でもって今日は木曜日。  絵画教室初日!
もう行かなきゃです。行ってきます♪


レスが あとになってしまってすいません・・。
 
posted by うさこ at 09:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 絵のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

恋のお悩み相談(笑)

3buu.jpg

こんにちは。 恋のお悩み相談員のちぃです(笑)
今日、ご相談下さったのは 関東近県にお住まいのS美さん。
彼と付き合い始めて かれこれ5年。
とても仲のいい お二人なのですが
最近微妙に 彼女の方に不満が・・。

『 いろいろなことが 当たり前になりつつあるーー; 』

彼ばかりが甘えて 自分がちっとも甘えられない。
のだそうです。
彼女は とても面倒見のいい女性で
いわゆる尽くすタイプ というんでしょうか
いろいろしてあげて 彼が喜ぶ顔を見るのが幸せ
そういう感じだったといいます。

ところが、最近になって 全く何も手伝おうとも しなくなってしまった彼に
半ばキレ気味となってしまって
ついには 「私は飯炊き女じゃないんだー!」って
思うようにまでに なってしまったそうです。



 
続きを読む
posted by うさこ at 13:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

一方通行

45s2cats.jpg

辿り着きたいその場所は

目の前にあるのに

入り込めない一方通行

ぐるりぐるりと回り道して

いづれ道を見失う


こともあるよね







迷いなく 目的地に向かって
どんどん進んで行きたくても
すんなりと 通れない道もある

回り道しなきゃいけなくて
回り道は 回り道なりに
きっと 大切な道だったりもする

知らない風景の中で
目的地への思いを 膨らませながら
しっかりと 到着できればいいのだけれど

こんな風景もあったんだな・・って
目的地への思いが 薄れてしまう場合もあるよね

回り道がきっかけで
全く違う意思が 芽生えることもあるけれど
それはそれで 仕方のないこと なのかも知れない

posted by うさこ at 10:58| Comment(6) | TrackBack(1) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

楽してアイスティー *

IMG_5499.JPG

ミントの葉も 白くカビる今日この頃
みなさんいかがお過ごしでしょうか。 ニマニマ。

うっとおしい この季節
冷たいアイスティーで スッキリしたいところですが
お客さんの時は別として
自分の為に わざわざお湯を沸かすのも
台所に熱がこもって「う〜〜ん、ちょっと・・」と
思う方も 多かったりして。

そこで 楽して 簡単、アイスティーを作る方法。
友達に教わったんですけれど
紅茶を飲む方、良かったら是非試してみてください。

まず、でっかいマグカップに お水をジャ〜ッ。
その中に テーバッグをポトン。
そのままレンジで加熱。
あ。 邪道じゃん??;  
紅茶好きの方は ×。 かも知れませんけど
普通にガブガブ飲みたい人は 大丈夫、大丈夫^^

あんまり熱くしてしまうと 苦味が強くなってしまうので
程ほどで 止めた方が良いと思います。
今日はたまたまなんだけど 55度の表示の時に止めてしまいました。
ちゃんと 色が出る出る(笑)

甘くしたい方は 加熱後、マグカップに グラニューを あらかじめ入れておくとよろしい。
で、グラスに氷をたっぷり入れて
マグカップの紅茶を ピキピキピキ(氷の音・笑)・・と注ぐ。

氷が沢山 入ってるから これで 2杯分になるんだってば。
ラッキ〜♪
但し、氷を作り忘れていたら 超ブル〜・・・になるので
これからの季節、氷作りは毎日の日課として
忘れないようにいたしましょ〜☆

ではでは、ばいなり^^/~~


posted by うさこ at 16:18| Comment(19) | TrackBack(0) | 食べ物のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

絵画教室見学

35dessan.jpg

水差しと どくだみ・・のつもり(笑)
絵画教室、思い切って見学に行ってきました。
お嬢が 子供の部の方で 既にお世話になっているので
教室の雰囲気等は わかっていたのだけど
大人の部は 全く未知の世界。
どんなかぁ〜・・。

1時半ごろにでも 見学に来てくださいといわれたので
お昼過ぎ、にょろっと覗きに行ってみると・・
ワイワイ何だか すごく賑やか。
「丁度 お昼ご飯が終わって 皆でお茶を飲んでいたところなんですよ^^」
という。

大人の部、それも平日の昼間だけ 月謝が高い理由がようやく解明。
他の夜の部や 土曜午後の部は 3時間枠なんだけれども
この平日の昼間の部だけは 10時から4時まで
お昼ご飯食べて 通しで 絵を描いているらしい。 すごすぎる;
300円ずつ出して 女の先生ともう一人生徒さんで 近所に買出し
で、お昼はみんなで一緒に ご飯を食べるんだそうです。

それが決まりではなく、全くの自由なんだけど いつの間にやら
平日のクラスだけ そうなってしまったらしい(笑)
年配の主婦の方ばかりなので
「こういう雰囲気なんですけど・・大丈夫でしょうか・・
皆さん、おもしろい方達ばかりですよ・・^^;」と、
先生も奥さんも ちょっと心配そうに私の顔を見る。
「あ。 にぎやかでいいと思います^^」

女の人が大勢の中で 特に目立つこともなく
特にいざこざ起こすこともなく 適当に過ごすのは
かなり得意な方なので 全然OK.
お二人の顔が急に明るくなる。
たまにビックリして ひいてしまう人もいるらしい(笑)

みんな気さくで いい感じの人ばかりみたいだし
こちらもホッ・・。
でも、主婦の方ばかりとはいえ 絵はみんなすごい!
単に上手ってだけでなく いいなぁ〜〜と思うような絵ばかり。
お〜〜・・。 と、見とれてしまう。

「一枚描いてみますか?」と 勧められて
私も みんなと一緒に描いてみたのが 上の一枚。
最初はクロッキー( 線描 のことらしい)で おしまいの予定だったのだけど
続いてそのまま デッサン( 明暗素描・影をつけるのがデッサンなんだってね;)へ
さすがにデッサンは 途中でタイムアウト

残りは 家に持ち帰って 勝手につけた影なので
えらくぼんやりだとは思うけど がんばったっしょ^^
来週から 明暗のつけ方も しっかり教わって
えぇ感じの絵を 描けるようにがんばるっゾ〜。
上達するといいなぁ〜♪ 
( すっかり上手になるつもりで いるんだけどね・笑 )





posted by うさこ at 21:27| Comment(0) | TrackBack(2) | 絵のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

バツ。

3imomusi.jpg

勧誘の電話、いつもはしっかり断るのだけど
昨日の電話は えらくしつこかった。

教育関連G****N。
うちは ベネッセのチャレンジに 超〜満足しているから
えぇっちゅうのに 話だけでも聞いてくれって食い下がってくる。
話を聞いて それでもベネッセがいいというなら
断っても 構わないのでというので
もう面倒くさくなって
玄関先で5分、それでもいいならいいけど。と言って電話を切った。

但し、担当の人に 自分はベネッセから変えるつもりは一切ない
どうしても参考までにというから 玄関先で5分話を聞くだけ。
その旨をしっかり伝えておいて下さいよ。
と付け加えて。

で、今日 早速、G****Nの担当者がやって来ました。
でかいカバン2つも下げて。 おいおい。と思ったので
自分はベネッセから 変えるつもりはないこと
玄関先5分でもいいから 説明を聞いてやってくれと言われて 承諾した旨を
しょっぱな 誤解のないよう断った。ら、「えっ??」と驚いた顔を見せる。

まぁ そんなもんだろうな。とは思ったけれど
電話の人も アポを取るのが仕事だろうし
この人も 説明するのが仕事なんだろうし
好きにしておくれ。 時間の無駄になろうがなるまいが
それは そちらの押し付けのせい。

私はG****Nさんが どういうことをやってるのか
参考までに ちょこっとのぞければいいんだし。
ってことで 意思表示しっかりしつつ 説明を受けることに。

喋り始めは合格。 友達が遊びに来ていて
ちょろちょろしていたお嬢にも 優しい笑顔で話しかける。
けれど その後がいけなかった。
ベネッセの駄目(??)な点を 指摘し始めたんですよね。

商売するのに 相手方のアラ探し、アラを喋って
自分の所を上にもってく。 そういうやり方しか出来ないのは
個人的に かなり軽蔑してしまうんだ。

相手のいいところを認めつつ、余裕で自分の所のプラスアルファを勧める
そういう商売で 客をつかまえる自信もないのは 話にならない。

んでもって 調子に乗ってこの人は こともあろうか
子供がいる目の前で 子供にとって大事な大事な
赤ペン先生のことまで コケにする発言を。;
詳しくは書きません。 何の根拠もないことかも知れないので。
ただ、ど〜しても許せなかったのが 赤ペン先生のやってる内容云々よりも
極めつけの一言。

「赤ペン先生っていっても その辺のパートのおばちゃんが やってるだけですからね。」
ふ、ふ、ふざけんなっ!!
パートのおばちゃんであっても それの何がいけない?
プロ根性のない説明しか出来ない社員、より
よっぽどいい仕事してくれてるんじゃないのかい?;

もうこれ以上の説明はいりません。 もう帰っておくれ。
とにかく その赤ペン先生のお陰で うちは学校の勉強も しっかりこなせているんだから。

「ベネッセやってて うちに変えなかった人はいませんよ。」
とまでいう。 はぁ〜??
「電話の人は やっぱりベネッセがいいと仰る方もいますので・・って言ってましたけど?」
そう言ったら この人はまた何て言ったと思う?

「あ、電話はパートのおばちゃんですから。 何もわかってないんですよ。」
またしても ふ、ふ、ふざけとんのか!

「ご自分が勤めてるG****Nは そういう無責任な人を 電話で勧誘に使ってるって
そう言ってるようなもんだって わかってて喋ってます?
第一、申し訳ないけれど あなたのそういう パートで働く人を
小馬鹿にした物言いが 私は嫌なんですよね。」

って言ったら 急に顔引きつらせて そそくさと教材 たたんで
帰っていった。さようなら。

もう一度、ご自分が 研修なりなんなりの「教育」を受けた方がよろしい。
と、赤いペンで添削してあげたい気分でした。
うぅ〜〜最悪・・;
もう電話してこないでね、G****Nさん。

posted by うさこ at 21:16| Comment(9) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

まる

1sikisi.jpg

************

君が だんだん優しくなって

私もどんどん 優しくなれる

のか

私が 君だと優しくなれて

君も どんどん優しくなるのか

一体 どっちなんだろね







もうすぐ父の日。
実家の父も すっかり年を取ってしまって
体の調子も そんなに良くはないので
あちこち出歩くこともしなくなり
特に何が 欲しいということもないという。

だから 誕生日とか 父の日とか
プレゼントは もう何も 送らなくてもいいからねと言われている。

実際、私も この年で 少し早いかも知れないけれど
『何が欲しい』というのが なくなってきているので
なんとなくわかる(笑)

けれど、気持ちだけね、なんとなく
そう、なんとなく 喜んでくれるといいな・・というのがあるから
今年は お嬢と相談して 色紙に言葉を入れることに。
じいちゃん、ばあちゃんにとって 何が一番嬉しいかって
やっぱり 孫の存在だから
色紙に書く言葉は お嬢に任せることにしました。

出来上がったのが 写真の色紙。
私にとって 超恐ろしくてウルサイ(笑)父の存在も
お嬢にとっては すごく面白いじいちゃん。

もっとも 年を取ってしまったせいか
短気でカッとなると すぐに手をあげていた父も
以前に比べたら すっかり丸くなってしまって
人間、『年を取ると丸くなる』とは よく言ったものだなぁと思う。
年を取るっていうのも なかなか悪いことばかりでもない・・かも。’。’?

posted by うさこ at 15:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 身の回りのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

テクテク

2pyontopyomi.jpg


《 テクテク / スピッツ 》 詞・草野正宗

当たり前と思ってたら 壊れてく
風を受けて 水面が揺れた

かけらだって構わない 確実に
ここにあった それだけでいい
君のそばで 君のそばで

ひとつの言葉から いくつもの声を聴き
誰にも知られることなく 抜け出せた

同じこと二度とない 悲しいけど
寂しいけど 僕は歩いてく
雨の中を 日差しの中を

少しの力で 初めての戸を開けて
不可能と決め付つてたのに 抜け出せた

優しすぎる君のメール 読み返してる
また逢えるよ またいつの日か

特別って呼びたい もう迷わない
振り向きつつ 僕は歩いてく

雨の中を 日差しの中を 
闇の中を 思い出の中を




続きを読む
posted by うさこ at 15:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

2coffee613.jpg

今日、本屋さんへ行って 本を買ったついでに
自分の好きそうなコーナーへ行って
ちょこっとだけ 立ち読みを楽しんだ。

何処かにも 書いてあるけれど
いつか 古い家を自分の好きなように
リメイクし直して そういうところで暮らせたらいいな・・
ずっとそんなことを考えていました。

一冊の本の中に いい感じに 古い木の床の
アトリエが 載っていました。
こういう所で 物を作ったり 絵を描いたり
そんな事が 出来たらいいな〜

少し前なら こういう場所に 強い憧れがあったのに
何故だか 今日は めっちゃ小洒落た写真を見ても
心底いいなぁ〜とは思わない・・。

ん? どうして そんなでもなくなっちゃったんだろう・・??
そういえば 最近 何かに対する 強い『いいなぁ〜』がなくなっている

例えば 小さい子どもを連れた 若い家族連れ。 
公園だったり、スーパーで買い物している場面だったり。
ふふ。 ヘンでしょ(笑)

ついに 生活する場所への長年の憧れも なくなってきたのかな・・
ふと、そんなこと考えて もう若くないから 夢も見なくなったのかな・・
って首をひねったのだけど
どうやら違うらしい。

古い いい感じの家を 自分の好きに改装
それを一緒に 楽しんでくれる人がいたらいいな・・
よりも 一緒に コーヒー飲んだり出来る空間と 時間
それさえあれば いいかな・・ 
いつの間にやら そんな風に 変わってきてしまったみたい。

たまにぷらっと 何処ぞの展示会の タダの絵を見にいったり
陶芸しに行ったり 神妙な顔するフリをしながら 書を書いたり
これから先、夏の季節には 夕涼みがてら
ぷらぷら散歩がてら スーパーに買い物に行ったり
夕焼け空、見上げたり
そんな 時間過ごしたあとで
「あ〜、疲れたね〜。でも、楽しかったね〜♪」って
言える空間さえあればいい・・ような気がしている今日この頃・・。

そいえば 国外脱出、誰も知らない所で野垂れ死に・・の夢もあったんだな。
お嬢が大きくなったら どっちの夢が叶うのかな・・。










posted by うさこ at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

ふたり その2

2yuuzora612.jpg

友達の 恋物語を聞いてきた。
最近 新しい職場で働き始めて
その職場に とても親身になってくれて 優しい人がいるのだという。

「ただ単純に 友達になりたいのだけど
メルアドとか教えてもいいと思う?」
少し前、そんなことを私に相談してきていたのだけれど
その時は
「友達であり続けること、出来ないと思うよ。
私はどうこう言えないけど やめておいた方がいい。」

その時は そんな風なこと答えて
彼女も 好きだという気持ちが 自分にないから大丈夫だよ。
そんなこと、言ってたのだけれど
惹かれているのは 隠しようがない。 わかるよ。その位(笑)

友達は既に ひとつ恋物語をもっていたので
いづれふたつの恋物語 同時進行なんてことに
なるようなこと、やめておいた方がいい。
そういいました。

今日、話を聞いてと彼女がいうので
また私に 怒られても知らないよ〜といいつつ
話を聞いてみたら
やっぱり メール交換 始めてた。
でも、この間は 自分、好きじゃないしって 調子のいいこと言ってたけど
今日は 好きになってしまってるって 妙に素直な様子でした。

ふたつの恋の物語、ど〜すんのって思うけれど
もう、気持ちがこちらに行ってしまってる。
メールの内容は 本当に彼の ”今、OOしてるんだ・・”的
ごくごく 他愛もないことらしい
でも、離れてて 今、何してるんだろな・・って時に
送られてくるメールは うれしいもんだもんね。

この人に「付き合ってる人、いるの?」って 聞かれたとき
「いない、いない!」って否定したらしい。
んでもって この人に 心苦しさを感じているらしい。

んじゃ、今まで付き合っていた人は・・?
と なるところだけれど
ここには 書けないけど
やっぱり 心が離れてしまう 何かしらがあるんだなぁぁ。
心変わりした彼女ばかりが 悪い訳じゃない。

どんな人だって 誰かの心を 永久に独占出来るものじゃない。
心は 基本的にその人のもの。 だと思う。
君に 全部託す。 そんな関係で ずっといられるかどうか そゆことだもんね・・。

けれど、なるべくなら 今度こそ
長い時間 一緒に過ごせる人になるといいな・・
と、願っております。



posted by うさこ at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふたり

1lytulip.jpg

久しぶりに何か観てみようかな・・と
ビデオを借りに行って 目に止まったのが 北野武監督『Dolls / ドールズ』
画が綺麗なんだろな〜 って かなり期待して観たのだけど
しんどかった・・。 心に ずしりと来るという意味でなく
ただ 単純に 観てるのがしんどかった。 早送りしたくなってしまった・・;

日本の四季も 綺麗だな〜とは思うけれど
単に 『そこにある』という印象でした。
そんなことない! と、思った方はすいません;

一人の人を 愛し続けることが出来たら
どんなにいいだろうと思うけれど
そこで思うのが 仏様やマリア様みたいな
深い愛情と・・ もうひとつ、狂気

この映画は どちらかというと 狂気を感じた
「立派になって戻ってくるから」って言葉を信じて
何十年も 毎週土曜日にお弁当作って 待っていた女の人
確かに美談なんだけど 私には 怖い・・としか思えなかった。
信じることと 相手の幸せを願うこと

お弁当の女の人は 相手に対する『期待』を捨てられずにいる
そんな風に 映ってしまう。
相手はずっと想っていてくれて 嬉しいかも知れないけど
その『期待』を重く感じてしまうかも知れない

諦めて 自分の心の中だけで 想い続けることも
相手への愛情のような 気もしてしまう・・
映画の中では 年老いた男の人が
約束の場所に ちゃんと戻って来るんですけどね。

菅野美穂ちゃんと西島秀俊さん演じる男女、
赤い紐で 繋がって ただただ歩く
これもしんどい・・

女のコの方は 彼に裏切られて
自殺未遂で助かったのだけど 頭がおかしくなってしまうんですよね。
彼はそれから ずっと彼女と一緒にいると決めたのでしょう。
ふらふらと 何処へ行ってしまうかわからない彼女と
自分の体を 赤い紐で繋いで
行く宛てもなく 交わす言葉もなく 手を繋ぐ事もなく
ただひたすら・・歩く、歩く、歩く。

もし、自分がこんなことになってしまったら
神様にお願いして 一日だけ 正気に戻してもらって
赤い紐を切ってしまいたい。 そんな事も思いました。

辛いこともよろしくねって 相手にゆだねることが出来なきゃ
本当に愛し合っているとは 言えないのかも知れないけれど
でも・・ 出口の見えない暗闇を さ迷うようになるのなら
いっそ一人の方がいい
その逆なら やっぱり一緒にって思ってしまうんだけど・・

でもきっと、 実際には大切な人に キツイ思いをさせても
やっぱり ずるずると 一緒にいたくなってしまうんだよね・・



posted by うさこ at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

それぞれのさいご

1amehana.jpg

落っこちたのが

固い アスファルトの上で

雨の中

ずぶ濡れで終わるけど

最期に逢えたのが

あなたで良かった・・






花は 時に こちらに向かって
何かを 語りかけてくるように見えることがあります

雨の中 落ちてしまった花を見つけて
落ちても尚 美しさを失わない花に
ふと 足を止めた少年がいました

花を じっと見つめています
てのひらに そっと乗せて
自分の部屋で 水に浮かべてあげようか
そんなことを 考えていました

もし花が
連れて行ってください
そう 語りかけていたら
想いが通じて
少年のもとへ行けたでしょう

けれど 花は
語りかけることは しませんでした
大事に想ってくれた少年に
変わり果てていく
自分の姿を 見せたくはなかったからです
posted by うさこ at 12:52| Comment(4) | TrackBack(0) | ショート・ストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

窓辺にて

2milkafb.jpg

陽の高いうちに

お風呂に入って

お日様の光と そよ吹く風に

濡れた髪を乾かす

なんて気持ちいい

そんな季節になったね



続きを読む
posted by うさこ at 17:27| Comment(6) | TrackBack(0) | 身の回りのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

あのね・・

2hirokun.jpg

ママ、ボクね、ママのこと大好きだよ
お料理してるときのママとか
お風呂あがったあとのいいにおいのママとか
あとね、笑ってボクの話聞いてくれるときのママ

だけど・・たまに ママなんかきらいって思っちゃうときもあるんだ
宿題やんなさいとか かたづけなさいとか 早くねなさいとか
すごいこわい顔して ボクのこと見てるとき
ちょっとだけ くそばばぁって思ったり
もう口きかないって思ったり
絶対きらいって思ったり・・

でも・・知らないあいだにボクの足は
勝手にママのいる方に 行っちゃうし
ボクの目は 勝手にママのこと見ちゃうし
ボクの口は 勝手に「ねぇ、ママ・・」って動いちゃう

あのさ、ママ、ボク 大事なことちゃんとわかっているんだよ
先生にいわれたことも ママにいわれていることも
怒られたら ごめんなさいって思うのに
楽しいことが つぎからつぎに 勝手にボクを動かしちゃうんだ
ママ、どうしてだろね・・ 
いい子になろうってちゃんと思ったりもするのにな・・

あれ? ママ、あじさいだよ
ママ、お花大好きでしょう?
ボクはお花 見てるときのママも大好き
やっぱり・・ママが大好き
続きを読む
posted by うさこ at 22:24| Comment(6) | TrackBack(0) | 絵のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。